キッザニア 東京

キッザニア東京クリスマスフォトキャンペーン

「キッザニア東京で写真を撮影して、ハッシュタグ「#キッザニアクリスマス」を付けてTwitter・Instagramに投稿しましょう。投稿された中から抽選で毎週1組2名様に、キッザニア東京招待券をプレゼントします!」





期間:2016年12月1日(木)〜12月25日(日)

募集期間中、抽選で毎週1組2名様にキッザニア東京招待券をプレゼント!


おすすめフォトスポット

クリスマスツリー(シティマップ1F-48 銀行付近)4.5mの巨大クリスマスツリーの前で写真が撮影ができます。

グリーンサンタハウス(シティマップ1F-13 劇場前特設スペース)グリーンサンタ見習いのお仕事体験中の写真が撮影できます。
※グリーンサンタハウスは12月16日(金)よりオープンいたします。

クリスマスフォトスポット(インフォメーションデスク横)キッザニアクリスマスのパネルを持って写真が撮影できます。


キッザニア 東京

キッザニア・東京でのお仕事選び♪

キッザニア東京では、現実社会のほぼ2/3のサイズで造られたこどもサイズのパビリオン(お店や仕事場の体験施設)で、こどもは自分のやりたいお仕事を時間内に好きなだけ体験できます。しかし、1日2部の完全入替え制なので、時間には注意が必要ですね。一つのお仕事を体験をするには、待ち時間を加えると短くても30分以上はかかりそう。そうなると1日でめぐるパビリオンの数は限定されてきます。
まずどんなお仕事ができるのかを知り、自分にあったパビリオンを見つけ、効率よく周ることが大事ですネ。そのためには入場してすぐ正面に見える「おしごと相談センター」に立ち寄るといいかもしれません。ここで興味があるものを教えてもらったり、アドバイスをもらいましょう。事前の下調べで絶対に行きたいところをおさえて、狙い撃ち〜っていうのもいいかもしれませんね。人気のファッションショーなどを選ぶと、時間の関係で他の職業を体験することができなくなる可能性もあるので要注意ですね。
ちなみにお仕事を体験すると一律8キッゾの報酬をえることができ、お金をためていくことができるんです♪

キッザニア 東京

キッザニア・東京はセキュリティー万全!

キッザニア東京ではセキュリティ用のブレスレットというものがあり、入場者の管理を徹底します。入場する際にメンバー全員のIDチップをグループとして登録し、退場する時には、登録したメンバーが揃って初めてこどもが外に出られる仕組みになっています。中に親などの大人が付き添うことができないので、こういうシステムなら安心ですよね。こうした配慮が認められ、メキシコでは保護者の高い信頼を得ています。施設内にはおとな向けの飲食、休憩スペースも完備していますが、こどもがキッザニアで楽しんでいる間に、安心して買い物や食事、映画鑑賞を楽しむこともできそうです。
遊びながら社会の仕組みを学ぶということは、現状の社会ではなかなかできないことですよね。
少子化社会でのこども達の金銭感覚のあり方が問われ、またニートと呼ばれる仕事に就かず職業訓練もしていない若者が増える今の日本で、こども達の社会性を育てるよい場になるのではないかと期待は大きいですね♪

キッザニア 東京

キッザニア 東京には専用通貨がある♪

キッザニア東京は、こどもサイズに作られたリアルな街並みのなかで色々な体験をします。現実社会のほぼ2/3のサイズで造られたこどもサイズのパビリオンが、リアルな街並みを形成し、こども達はその中で様々な職業を体験できます。空港、テレビ局、新聞社、警察、消防署、病院、銀行、お菓子工場、理容店、観光バスなどがあり、こども達は自分の興味のあるパビリオンで、仕事や社会体験にチャレンジします。自分のなりたい職業をリアルに体験することができるんです!
実際に「キッザニア」内で車を運転するための免許証が取得できる運転免許試験場や、料理から試食までできて、シェフの認定証ももらえる料理教室もあるんですよ♪いろいろな職業が体験できる「キッザニア」は、現実社会そっくりのこどもの街!こどもの自立性を高めるため、おとなが各パビリオン内に入ってこどもの仕事体験を手助けすることはできないようになっています。
自分で働いて稼いだお金でリアルな経済体験もできるんです。
「キッザニア」には「キッゾ」という独自の類似通貨があり、こども達は働いてこの「キッゾ」を稼ぎ、施設内で買い物やサービスを受けることができます。この他、銀行に貯金したり、ATMで貯金を引き出すなど、おとな社会そのままのリアルな経済体験をすることができます♪

キッザニア 東京

キッザニア 東京では携帯電話も使える♪

キッザニア東京では、自由に使える携帯電話をレンタルできるんですよ♪キッゾを払って利用するパビリオンのひとつに「携帯電話ショップ」があります。

このショップでは、普通に通話して話のできる本物の携帯電話が、10キッゾ払えば退場するまでの間レンタルでき、通話もかけ放題です。携帯電話を持たない小学生の利用が多く、各パビリオンに分かれて体験する友人同士の連絡、またはラウンジで休みながら待つ大人への連絡手段として便利なようです。こんなカタチで「キッゾ」を払って携帯電話を使う・・・という仕組みも学べますよね!

お金の管理のしかたですが、最初に受け取ったトラベラーズチェックは、銀行で50キッゾに換金してもらえます。これを持ち歩くのが面倒、または「うちの子、絶対になくしそう!」と心配なときに便利なのが、「e-Kidzo」という電子マネーカードにチャージしておくという方法です。

この「e-kidzo」を発行してくれる「クレジットカードセンター」では、ホルダーをレンタルすることもできます。首から提げるストラップ付きなので、紛失の心配もありません。お仕事を体験してもらったキッゾは「クレジットカードセンター」にもって行けば何度でもチャージが可能です。

この「e-Kidzo」は、支払いの必要なパビリオンで利用することができます。これで、電子マネーカードの使い方やお金の価値を学ぶことができますね♪

キッザニア 東京

キッザニア 東京は子供のお仕事タウン♪

メキシコで人気の「Kidzania(キッザニア)」が日本初上陸!メキシコ国外では初めて、世界でも第3番目となる施設が、2006年秋に東京・豊洲にオープンしました。

現代の「お金」「仕事」に対する価値観が問題になっていて、経済事件などお金にまつわる事件が多発しています。ライブドア、政治家の汚職、問題は根が深いです。お金と仕事、そして倫理観などのバランスが大事ですよね。それらを上手にこども達に伝えるのはなかなか難しいことですね。

この「キッザニア」は、遊びながら社会の仕組みを体験できる、日本初のこども向けの職業・社会体験施設なんです。

メキシコでは既にこども達からの人気と共に社会的評価も高く、多くの世界的企業がスポンサーとして参画し、数多くの小学校のカリキュラムにも取り入れられ、平日は課外授業の場として利用されています。

日本でも上陸以来、大人気!予約で満杯のようです。素敵なお仕事タウン、一度行ってみたいですね♪



Powered by Seesaa